自ら店頭の古本の価格を決める場合、 何を参考にしていけばいいのでしょうか。 売れる価格であるかどうかということと、 価値に見合った価格であるということは別物です。

市場の相場、他店の価格はいずれも他者がつけた価格です。 実際会ったらしい話では国外のあるサイトでは数十円程度の値札のものを 従業員が海外大手ショッピングサイトで数万円という情報を過信し、 そのままで販売してしまった例もあるようです。 店頭では特にですが、見た目の情報がほぼその古本の価値なので 古本の価値をお客様に説明できる状態であるべきでしょう。

ではどうやって価値が決まるのかというと、考えられる一つの材料として 発行部数や結果的に出版社に余った在庫、あとは求める人の数という、 いわゆる需要と供給の関係になるのではないでしょうか。

発行部数が少なく、さらに限定販売で、 けれども求める人が多い場合、 その古本はプレミアがつくほど値上がりすることもあるでしょう。 人気度は古本買取業者での市場をみてだいたいの目安をたてて、 新刊の発刊時の発行部数と市場での札の入り具合を判断材料に加えれば 自然に古本の売価が想定できそうです。

もちろん例外もあるでしょうし、つまりはそういった古本買取業界の 細かい事情を広く把握することが、相場を覚えることにつながるのではないでしょうか。

ただ最後に選ぶのはお客様になってくるでしょうから 価値の根拠や説明ができるのであれば、あとはそこに納得すれば 売れ、されなければ売れ残っていくということになるでしょう。

価格や価値が時間の流れによって変容する古本買取の業界であるからこそ、 その価値を伝えたり、共有できること、またそのために勉強を重ねていくことは 非常に重要なように感じます。