古本買取の仕入れの方法を3つ紹介します。 1つは市場から、2つめは同業者、 3つめは一般の方からの買取になります。

この中でも一般の方からの古本買取を スタンダードな店買と宅買でご紹介します。 まずは、店頭でお客様の商品を古本買取する場合です。 店買であれば、そのお店の方針に適した古本が 持ち込まれることが期待できますね。 お店に適した古本を持ってきてもらう場合に、 お店の看板商品を置くなどして方針を感じ取ってもらい あのお店はこういった古本を買い取ってもらいやすいと 認知してもらっておくとさらにいいかもしれません。

昔の古本買取書店では、店主が座っている帳場がお店の奥にあって 帳場からすぐ手が届く範囲にそのお店の看板商品があり 数が少なくとも看板商品がわかりやすかったようなのです。 けれども最近では店舗全体で雰囲気をつくっていかなければ 難しいのではないでしょうか。

店買いのメリットとしては、 お店の品揃えを理解してもらうことにより 人間関係を構築しやすいこと、 宅買いや市場に通うようなコストがかからないことが挙げられます。 デメリットとしては、 近所の人やお得意様がもってきた古本買取を安くしすぎることも なかなかできないでしょうし、 お客様がいつ来てもいいように店主がお店にいなければいけません。

次は宅買いの場合です。 宅買いでは一度にたくさんの本を買い取ることができるのではないでしょうか。 また掘り出しもののようなものを発見する機会も多くなるのではないでしょうか。 また予約する必要があるためスケジュールが調整しやすいことも メリットではないでしょうか。 デメリットとしては自分の店舗を見に来てもらっているわけではないため、 お店の不得意としているジャンルの本も引き取らねばならない点でしょうか。 出張コストがかかる点もマイナスですね。

店買と宅買の中間としてネット通じての買取などもあります。 これといったルートが絶対的に決まっていないようなので これからまた違ったやり方で仕入れる方法もでてくるかもしれませんね。